鳥取県鳥取市にある中尾泰雅行政書士事務所は、法人の設立、許可の取得、補助金・助成金・公的融資の手続きを通じて中小企業の皆様の支援を行っています!
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 建設業許可

建設業許可

建設業許可 リフォーム工事は解体工事?

住宅の「リフォーム」という言葉はすでに一般に定着していますが、ウィキペディアによると、以下のように定義されています。 リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語のreformは「改心 …

建設業許可 工事経歴書の書き方(解体工事の場合)

許可申請や決算変更届の際に、必ず提出しなければならない書類に「工事経歴書」があります。 この工事経歴書は、許可を受けようとする、あるいは許可を受けている建設業に対応する工事ごとに作成することとなっています。 その際、解体 …

建設業許可 営業所の写真をどう撮るか

現在、建設業の新規申請と更新申請の際には、営業所の写真の提出が求められます。実態として営業所がちゃんと存在しているかどうか証明するためのものです。 営業所のどこを撮るかというと、次のようなポイントです。 営業所のある建物 …

建設業許可 自己資本500万円ありますか?

あなたの会社が、許可業種を追加しようとしたときに注意しなければならないことがあります。それは会社の経営状況です。 一般建設業の業種追加申請の時点で、はじめて許可を受けてから5年未満で自己資本が500万円未満の場合、銀行の …

建設業許可 更新のときには有効期間の一本化を

あなたの会社が二つ以上の許可を持っていて、その有効期間が違うときに、更新申請の際に一本化できますので、そのことを覚えておいてくださいね。 有効期間が許可によってばらばらだと、更新を忘れてしまうおそれがあります。更新を忘れ …

建設業許可 附則第4条に注意!

解体工事業の業種追加申請や般特新規申請の際に有資格区分コードを記入する必要のある様式があります。例えば、次のような様式です。 様式第1号別紙四 様式第8号 様式第11号の2 解体工事業の資格者については、平成33年3月3 …

建設業許可 解体工事業に係る技術者要件の経過措置とは

平成28年6月1日から施行された解体工事業に係る法改正に伴う経過措置には、技術者要件に関するものもあります。 技術者要件に関する経過措置 1.平成33年3月31日までの間は、とび・土工工事業の技術者も解体工事業の技術者と …

建設業許可 健康保険等の加入状況の調べとは

平成24年11月1日から、建設業の許可申請に「健康保険等の加入状況」(様式第20号の3)を添付することになっています。 健康保険等とは次の3つをいいます。 健康保険・・・強制適用者は協会けんぽ、健康保険組合などの被保険者 …

建設業許可 とび・土工工事業では解体工事ができなくなる!?

平成28年6月1日から「解体工事業」があらたに建設業許可の業種に加わりました。これは建設業法の改正によるものですが、経過措置が講じられています。 経過措置とは、法律を改正し制度が変わると、当面あらゆる場面で支障が生じるこ …

建設業許可 工事経歴書の書き方に注意

工事経歴書(様式第2号)の記載要領については、様式上にも書かれていますし、許可行政庁かも示しているので、その他の注意点について書いておきます。ただし、これは許可申請時の場合です。 工事経歴書(様式第2号)の記載上の注意点 …

1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © 中尾泰雅行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.