産業廃棄物の収集・運搬とは、排出者の保管場所から産業廃棄物を収集して、処分を行う場所まで運搬することをいいますが、この途中で積替保管施設に一時的に保管する場合もあります。そしてこの収集・運搬を業(仕事)として行うことを収集・運搬業といいます。

排出者が自ら収集・運搬を行う場合には許可は不要ですが、他者から委託を受けて行う場合には許可が必要です。このことは基本ですので押さえておいてくださいね。ただし、一般廃棄物の場合は市町村から委託を受けて行う場合は許可は不要ですので、これも注意してください。

また一般廃棄物は域内処理が原則ですので、他市町村への運搬は基本的にはありませんが、産業廃棄物の場合は広域移動による処理が前提となるために、都道府県をまたいで業を営もうとする場合には、荷積み地と荷卸し地双方の都道府県の産業廃棄物収集・運搬業の許可が必要となります。