一般建設業の許可を受ける場合に、専任技術者となる資格のひとつに

・許可を受けようとする建設業に係る建設工事に関して、10年以上実務の経験を有する者

というのがあります。

原則はそうなのですが、この要件が緩和されていることをご存じでしょうか?

どういうことかというと、許可を受けようとする建設業に係る建設工事だけで10年以上実務経験が必要というわけではない。ということです。他の業種の実務経験も、場合によっては実務経験年数に換算できるということです。

ただしすべての業種ではありません。やはり似通った建設工事を手掛けた実務経験が対象となります。

対象となる工事については、案外たくさんありますので、国土交通省が示しているこちらの表をご覧ください。

複数業種に係る実務経験を有する者一覧

専任技術者になりたいが、実務経験が10年以上ないからと諦める前に、今一度この表を見て確認してくださいね。