鳥取県鳥取市にある中尾泰雅行政書士事務所は、法人の設立、許可の取得、補助金・助成金・公的融資の手続きを通じて中小企業の皆様の支援を行っています!

補助金・助成金・公的融資

  • HOME »
  • 補助金・助成金・公的融資

補助金

補助金とは

補助金とは、国や地方公共団体が、ある一定の政策的な意図を持って支給する返済不要の資金です。

国もしくは地方自治体には、達成しなければならない政策があり目標があります。そのためには、その政策(事業)に取り組んでくれる企業、団体、人が必要です。補助金は、そのような協力してくれる者を支援するために支給する資金です。

補助金のメリットとデメリット

メリット

1.返済が不要である

補助金の最大のメリットは、返済不要ということです。この点が融資とは決定的に異なります。

デメリット

1.課税対象になる

補助金は収益となりますので、会社なら法人税の課税対象となります。(決算書では、損益計算書の営業外収益に計上されます。)

2.選択するのが大変である

補助金の数は膨大で、年間3000以上もあります。その中から、自社や自分に適した補助金を探すのは大変です。しかも補助金には募集期間が決められていて、気づいたときには締め切られて応募できないということがあります。

3.誰でも受けられない

補助金には予算があり、審査があります。そのため、応募すれば皆が受けられるというわけではありません。

4.もらうまで時間がかかる

補助金は原則後払いです。補助事業に対する経費を支払ったあとでないとお金がもらえません。そのため起業する場合などは、もらうまでの運転資金がいずれにしても必要です。

5.全額がもらえるわけではない

補助金は補助率といって、かかった経費の何分の1しかもらえません。全額を補てんしてくれるわけではないのです。

 

補助金と助成金の違い

そもそも補助金と助成金はどう違うのか?あなたは疑問に思ったことはありませんか。

補助金と助成金の一番の違いは、補助金は公募の形を取っていますが、助成金にはそれがないということです。公募というのは、受付期間が決まっていて、受付期間が過ぎたら応募できないということです。ですので助成金は一年中利用できます。

また補助金の場合は、ほとんどのものが予算枠が決まっていて、要件を満たしたものを対象に審査します。審査に通らなければもらえません。一方、助成金は、原則、基準を満たせば受給できます。

なお、起業・創業・ベンチャー関連の助成金には、一般的に厚生労働省が行っているものがあります。

厚労省の助成金は、財源を雇用保険料にしていることから、新たな人の採用、雇用を増やす、労働環境を整備する等、人に関連することを改善することが助成金の支給要件の一つです。また、会社都合による解雇を行うと、助成金が支給されなかったり、一定期間、助成金をもらえなくなることもあります。さらに会社が社会保険や雇用保険に適切に加入していないと、そもそも申請できないこともありますので充分注意しましょう。

補助金も助成金も使途は自由です。会社の運転資金、設備投資、借入金の返済、何に使用してもかまいません。これはありがたいですよね。

しかし、補助金も助成金も起業の時に、すぐにはもらえません。指定された期間を経過していないと支給申請ができないものが多くあります。ですので、補助金や助成金を当てにして、事業計画書などをつくって融資を申し込んでも、断られる場合がほとんどですので覚悟しておきましょう。

 

補助金・助成金を探す

中小企業を支援する補助金・助成金は、国、都道府県、市町村、商工団体などを含めると膨大な数に上ります。

そのため、あなた、もしくはあなたの会社が必要とする補助金・助成金はどれなのか探すのは結構骨の折れる仕事です。

手っ取り早いのは、あなたの会社が地元の商工団体(商工会議所、中央会など)に所属していれば、そこに相談して尋ねてみるのもひとつの方法です。

それも面倒なら、まず事前にネットで調べることもできます。

おススメなのは、鳥取県がアップしているこちらのページです。このページには、県だけでなく国や市町村、商工団体などそれぞれが行っている補助金等の支援策にリンクするようになっていて便利です。

とっとり産業支援ナビ

また、特に国(中小企業庁)の創業・ベンチャー支援について知りたい方は、下のリンク先がおススメです。そして、出てきたページの下にある広報冊子をダウンロードして読んでみてください。これから起業される方の参考になると思います。

創業・ベンチャー支援

ところで補助金・助成金を探す上で気をつけなければならないことは、前年度あったものが今年度もしくは来年度あるとは限らないということです。

補助金・助成金の制度は政策的な色合いが強く、予算がついたりつかなかったり、増減があるということです。

ですのでネットで探す際にも、新しい情報を手に入れるようにしましょう。そして、探したら問い合わせ先に電話して確認してみましょう。そうすれば間違いないでしょう。

そして、申請する補助金又は助成金が決まって、よくわからないし面倒なので行政書士にやってもらおうということでしたら、当事務所にご連絡ください。ご相談だけでもよろしいですので。

 

公的融資(日本政策金融公庫)

日本行政書士会連合会は、連携して中小企業等の活動を支援するため、株式会社日本政策金融公庫と覚書を締結しています。

日本政策金融公庫から融資を受ける際の手続きも行政書士の業務のひとつです。

公庫の融資には実に様々なものがあります。まずはこちらの一覧をご覧ください。

融資制度一覧

そして、借入申込書等の様式はこちらで手に入れることができます。

借入申込書等

ここで提出しなければならない書類を見ていただければわかると思いますが、実にたくさんあります。

そして創業計画書や事業計画書など結構手間のかかる書類です。また融資が下りるような事業計画書を書くにはそれなりのコツがあります。

こうした面倒な書類の作成を行政書士はあなたに代わって行いますので、その際には当事務所にお問い合わせください。

 

 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0857-30-5619 受付時間9:00~18:00 [時間外でも相談可]

PAGETOP
Copyright © 中尾泰雅行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.