積替保管とは、集荷した廃棄物を、別の車に積み替えて出荷するまでの間、一時保管することをいいます。この積替保管の許可は単独では取得できません。収集運搬業許可に付随するかたちで許可されます。

積替保管施設の保管基準

積替保管を行う施設のことを「積替保管施設」といいます。積替保管施設の保管基準は、廃棄物の一般的な保管基準に加えて、次のような保管基準が定められています。

  • 積替を行った後の運搬先があらかじめ決められていること
  • 搬入された産業廃棄物の量が、積替場所において適切に保管できる量を超えないこと
  • 搬入された産業廃棄物の性状が変化しないうちに搬出すること
  • 積替保管量の上限は、平均搬出量の7日分を超えないこと

積替保管施設での保管

積替え保管施設に持ち込まれた産業廃棄物は、一般的には手選別の後、一時保管されます。なぜなら、さまざまな排出事業者の廃棄物が混ざってしまい、排出時とは形を変えてしまうおそれがあるからです。

また、積替保管施設では廃棄物の選別のほか有価物の抜き取りが可能です。実際、有価物の抜き取りが行われると、積替保管施設に搬入される廃棄物の量と、積替保管施設から搬出される廃棄物の量は違ってきます。

そうなると、廃棄物の発生から最終処分に至る一連の工程の把握が極めて困難になります。この点において、積替保管施設は排出事業者にとっては取扱いが難しい施設です。

ともあれ、産業廃棄物の再資源化を促進するためには、廃棄物の広域移動化は欠かせませんし、物流効率化の点でも積替保管施設は有用な施設といえます。