建設工事において、下請負人が産業廃棄物収集運搬業の許可なく建設廃棄物を運搬することができるのは、建設工事に係る書面による請負契約で定めるところにより自ら運搬を行う場合に限られます。

つまり、下請負人が運搬を行うことについて、個別の建設工事における請負契約で定めることが必要です。逆に言えば、個々の建設工事の請負契約書に、下請負人が建設廃棄物を運搬することが書かれてあれば、許可がなくても運搬できるということです。

ただし、建設工事が基本契約書に基づくなどの場合には、この請負契約の基本契約書の締結時点では運搬する廃棄物を特定するのが困難です。基本契約書というのは、個々の建設工事の請負契約書ではないからです。

こういう場合はどうすればいいのかというと、請負契約上は個別の建設工事ごとに次の事項を記載した別紙を交わす旨を記載し、個別の建設工事ごとに別紙を交わせばいいのです。

この別紙とは、次の環境省の課長通知の最後に付いている別記様式「運搬様式」のことです。

運搬様式

建設廃棄物を運搬するには、どんな場合でも収集運搬の許可が必要と誤解している事業者の方がいるかもしれませんが、この点理解しておいてくださいね。