建設工事における建設廃棄物の運搬について、大切なことなので再度書いておきたいことがあります。それは、

建設廃棄物が、請負金額500万円以下の軽微な維持修繕工事に伴い生ずるものである場合には、その工事の下請負人は収集運搬の許可を受けずにこの廃棄物の運搬を自ら行うことができます。

廃棄物の収集運搬する際には、排出事業者以外の者が運搬する場合は原則、運搬するものは産業廃棄物の収集運搬の許可を取得していなければなりません。しかし、500万円以下の維持修繕工事のような軽微な工事については許可が要らないとなっているのです。

ただし、このことは元請業者と下請負人の請負契約にその旨をきちんと定めておかなければなりません。

また、この場合でもこの廃棄物に係るマニュフェストは元請業者が下請負人に交付しなければなりません。なぜなら元請業者が排出事業者であることには変わりないからです。

なお、下請負人が運搬するのではなく他の受託者が運搬する場合に、元請業者が下請負人を経由して受託者にマニュフェストを交付することは差し支えありません。

ただし、この場合には、下請負人は、マニュフェストの写しの送付や保存等の義務は負いません。なぜなら運搬するのは下請負人ではなく受託者だからです。ですので受託者がマニュフェストの写しの送付や保存等の義務を負うことになります。