建設廃棄物を運搬する際にも、原則として産業廃棄物収集運搬業許可が原則必要ですが、例外としてこれが必要ない場合があります。それは次のような場合です。

  • その建設廃棄物が軽微な維持修繕工事から生じるものである場合

ここでいう”軽微な維持修繕工事”とは次の工事のことをいいます。

  • 解体工事、新築工事、増築工事以外の建設工事で、請負金額が500万円以下の工事

この場合には下請負人が収集運搬の許可を受けずに、運搬することができます。

ただし、この場合には、次のことに注意してください。

  • 建設工事に係る書面による請負契約に定めてあること。
  • 当該廃棄物の排出事業者は元請業者であるので、マニュフェストは元請業者が交付すること。
  • 元請業者が下請負人を経由して受託業者にマニュフェストを交付することは差し支えないが、下請負人は、そのマニュフェストの写しの送付、保存等の義務は負わないこと。

要するに、建設廃棄物の排出事業者はあくまで元請業者であり、廃棄物の処理責任は元請業者にあるということです。

このことは、元請業者の方はもとより、下請人さんもこの点を充分理解しておく必要があります。