建設工事における排出事業者は「元請業者」です。ですので元請業者は建設工事に伴う廃棄物の処理には大きな責任を負っています。

ただし、他者に委託することもできます。これを委託処理といいます。

この場合は、排出事業者である元請業者は、収集運搬業者、中間処理業者又は最終処分業者とそれぞれ事前に書面で委託契約を締結する必要があります。

これは「廃棄物処理法」に定める委託基準等に従って適正な処理を確保することが義務付けられているからです。

例えば、

・適正な処理費用の支払いをする。

・優良産廃処理業者認定制度や熱回収施設設置者認定制度で都道府県知事等に認められた処理業者に委託する。

などに努めることも奨励されています。

ただし、元請業者に責任があるといっても、下請負人が現場内で行う廃棄物の保管については、下請負人もまた排出事業者とみなして保管基準が適用されるので委託処理には該当しないとなっていますので、下請負人もその責任を負うことになっていますので、注意しなければなりません。