産業廃棄物収集運搬業には、積替保管をする場合と、しない場合があります。

この積替保管とは何なのかというと、工事現場などで出た産業廃棄物を処分場に運ぶまでに、一時的に保管し、積み替えて持って行くことをいいます。

ですので、この積替え保管施設には、一時的にせよ産業廃棄物が集積されるので、周囲の環境を害さないように細かな基準が設けられているのです。

そして、この積替保管施設ありの許可を取る場合、一番問題なのは、その施設の周辺区域の関係住民に説明し合意を得なければならないことです。

この合意が得られないと許可申請ができないのです。

おそらく想像がつくと思いますが、いま住民の生活環境に対する意識は高くなっていますし、住民パワーも強くなっています。合意形成までに手間と時間と労力を要することを覚悟しておかなければなりません。