そもそも一般廃棄物にせよ産業廃棄物にせよ、収集運搬基準では廃棄物の保管は原則として禁止されています。しかし積替え保管だけが認められているのです。

産業廃棄物の積替え保管の基準は、以下のようになっています。

① 運搬先が定められていること。

② 適切に保管できる量であること。

1日平均排出量の7倍以内であること。

③ 性状に変化のないうちに搬出すること。

また、保管場所については、次のような措置を講じることとなっています。

① 周囲に囲いをすること。

② 積替えのための保管場所の表示版を掲示すること。

③ 保管に必要な措置を講じること

・飛散、流出、地下浸透、悪臭防止・・・必要な措置

・汚水対策・・・必要な排水溝等の設置、底面不浸透性材料を用いる

・屋外最大積上げ高さ制限

また、建設工事現場以外の場所(300㎡以上)で建設工事から出る産業廃棄物を保管する場合は、事前に都道府県知事に届出が必要となっています。ただし、非常災害などやむを得ない場合は、保管をした日から14日以内の届出となっています。