建設工事に伴って排出する廃棄物の処理責任は、原則として工事の元請業者となっていますが、例外として、下請負人が行う建設工事現場内での産業廃棄物の保管については、元請負業者及び下請負人の双方に責任が生じます。

しかし、下請負人が行う500万円以下の維持修繕工事で、少量の廃棄物を請負契約の定めるところにより自ら運搬する場合には、その下請負人は事業者とみなされますので、廃棄物処理収集運搬業の許可が無くても運搬が可能となります。この点を同様の工事を請け負う下請負人の方は頭に入れておいてください。

また下請負人が、建設工事に伴い生ずる廃棄物の運搬又は処分を他人に委託する場合には、下請負人は事業者とみなされますので、委託基準が適用されることになります。このとき、元請業者が委託するように下請負人に口頭で指示や示唆をしたとしても、責任を負うのは元請業者ではなく、下請負人ですので注意が必要です。

この場合、下請負人は、許可を得ている適切な業者に委託しなければなりません。