収集運搬業許可では廃棄物の収集と運搬がセットになっていて、運送業の許可がなくても廃棄物の運搬が認められています。このため収集を伴わない運搬や有価物の運搬には、収集運搬業許可のほかに原則として運送業許可が必要になりますので、この点注意が必要です。

ここでいう運送業の許可とは一般貨物自動車運送事業経営許可などです。また有価物であるかどうかは、一般的に処分費用を必要としないものは廃棄物ではなく有価物とされています。

また、その判断する基準として“売却金額から運搬費用を差し引いたときに、排出事業者側に利益があるかどうか”が、大きな目安となっています。つまり、有価物とは、売却代金と運搬費を相殺しても、なお排出者側にプラスになることが必要です。