会社の資金繰りを上手に回すには、「売上金を早く回収して支払いを遅らせる」ことが大切です。

会社経営に日々苦労されている経営者の方には、わかりきったことでしょうが、案外これが実行されていないというか、できないで苦労されているのではないでしょうか?

特に建設業などの業種は、仕事が入ってこない限り売り上げはゼロですし、工事を完成させるには何か月もかかったりします。

そのうえ完成しても支払いが翌月末であったり、手形決済であったりすると、その間の入金はゼロですから、大きな支払いがあると資金がショートしてしまうこともあります。

また往々にしてあるのが、売上を上げることばかりを重視して決済条件を妥協して仕事を取っていると、売上は伸びているのに仕入れ先や外注先への支払いが追い付かないということが出てきます。

仕事の受注は多いのに資金繰りが破たんして黒字倒産するのがこのパターンです。

ですので、取引先に言われるままの条件を呑むのではなく、

「回収は手形ではなく銀行振り込みの現金で、しかも回収期間はなるべく短く」ということを意識して契約しましょう。