あなたは「知的資産経営」ということばを聞いたことがありますか?

経済産業省の定義によると、

知的資産」とは、企業における人材、技術、組織力、顧客とのネットワーク、ブランド等の目に見えない資産のことで、企業の競争力の源泉となるものです。

この知的資産は、特許やノウハウなどの「知的財産」だけではなく、組織や人材、ネットワークなどの企業の強みとなる資産を総称する幅広い考え方です。

そして、このような企業に固有の知的資産を認識し、有効に組み合わせて活用していくことを通じて収益につなげる経営を「知的資産経営」と呼んでいます。

では、この知的資産経営は、具体的にはどういうかたちで進めるのかといいますと、

まず、自社の目に見えない強みである知的資産を洗い出し、それらを経営にどう活かしていくのかを報告書にまとめます。これを「知的資産経営報告書」といいます。

そして、この出来上がった「知的資産経営報告書」を社内外で活用していきます。

では、具体的にはどう活用していくのかというと、

社外においては、

1.投資家や金融機関にアピールし、資金調達を有利にします。

2.取引先に示すことで、企業評価が高まります。

社内においては、

1.経営資源を企業固有の価値を創造する事業に集中投資するようになります。

2.従業員のモチベーションが高まります。

3.優秀な人材確保につながる可能性が出てきます。

4.知的資産への再投資に拍車がかかるようになる。

以上のような効果があると考えられています。

知的資産経営というと、何か難しいもののように思いがちですが、

要するに、自社の強みを再認識し、他社との差別化を図り、厳しい競争に勝ち抜いていくための経営方法といえます。

「知的資産経営」に関心のある方は以下のリンク先をお読みください。

知的資産経営ポータル

中小機構 知的資産経営

なお、この知的資産経営報告書の作成についても、当事務所で扱っていますのでご相談ください。