「正直者が損をする」という言葉があります。たしかに世の中そういう面がなくもないと感じることがありますよね。特殊車両通行許可についてもそうです。自分の会社は正直に申請して許可をきちんと取っているのに、あの会社は取らずに営業しているじゃないか(怒)とか・・・。

結論から言うと大型貨物車(新規格車)を運行しているとしたら、ほとんどの場合、特殊車両通行許可は必要です。たしかに新規格車は「高速道路と重量制限道路は自由に走行できますが、それ以外の道路は許可が必要です。会社の構内を出た時点で、市道や県道などの一般道を通らなければいけないはずですから。

コンプライアンス(法令遵守)ということも勿論ありますが、一旦検問に引っかかり罰則をくらうと会社の業務に支障が出ます。許可申請にかかる手間とお金を惜しんだために却って損をしたということにもなりかねませんので、やはり許可は取っておくべきです。だから行政書士に許可申請を依頼してくださいというようなケチな話ではありませんよ(笑)

このことは特殊車両許可だけの話ではありません。すべての許可についていえることです。会社のためを思うなら「正直者が損をする」という考えではなく、「本末転倒」という言葉の意味を今一度考えてみてはいかがでしょうか?