鳥取で民泊を始めたい方、あなたもそうですか?

鳥取は美しい山や海、田園、そこで採れたおしいしい食べ物、そして田舎の人情など自然や素朴な人に触れることができます。都会に住む人や国内外からの観光客にとっては癒される土地であることは間違いないと思います。

しかし、鳥取県内ではまだまだ始めている方が少ないのが実情です。

そんな鳥取でこれから民泊を始めようと思われている方に、その手続きについてご案内したいと思います。

「民泊」というのは、宿泊料を宿泊客からいただいて住宅に宿泊させることですが、これには管轄の自治体に届出をしなければなりません。民泊の制度は「住宅宿泊事業法」という法律で規定され、平成30年6月15日から開始となっています。

届出の窓口は、鳥取県の中部、西部では鳥取県ですが、鳥取県の東部(鳥取市、岩美町、八頭町、智頭町、若桜町)では鳥取市に届出することになります。

届出の方法については、国が作成した民泊制度運営システムで行うようになっています。

この民泊制度運営システムによって、インターネットで届出をすることもできますし、書類だけ作成して紙で届出することもできます。また、このシステムを利用しないで様式に記入して届出することもできます。

当然のことながら行政書士がこのシステムを利用してあなたに代わって届出することもできます。

これから民泊を始めたいという方の中には、パソコンが苦手な方もいらっしゃると思います。

また、冒頭でも少し触れましたが、鳥取県内でも民泊を始めた方は今現在でも少ないです。県内の各自治体もすすめてはいるのですが、地域住民の了解を得たり、要件をクリアするのが困難だからです。

そういうときには当事務所にご連絡ください。

民泊の開始には役所との協議が欠かせませんが、鳥取から離れた土地に住んでおられる方にとっては、わざわざ鳥取まで出向くのは大変だと思いますので。

ご連絡をお待ちしております。