建設廃棄物の収集運搬に当たっては、廃棄物処理法に定める収集運搬の基準に従って行わなければなりません。

収集運搬の基準については、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令」の第6条に定められていますが、このほかに、次のことにも留意して行わなければなりません。

1.運搬車両は、建設廃棄物の種類に応じた構造のものを使用する。特に、建設汚泥の運搬には、蓋付箱型ダンプトラック等その
性状に応じた車両を使用する。

2.産業廃棄物収集運搬業者の運搬車両には許可証の写しを備え、関係者から求められた場合は提示する。

3.車両のタイヤ及び車体に廃棄物を付着させたまま運搬しないよう必要に応じて洗車、清掃を行う。

4.荷こぼれのないよう荷積みの状況を確認し、運転中に飛散のおそれのないよう荷台をシート等で覆う。

5.廃棄物の収集運搬については、道路交通法を遵守し、過積載を行ってはならない。

以上のことは、環境省が定めた「建設廃棄物処理指針」に書かれています。

この指針というのは、環境省が全国の自治体に通知するもので、これを基に事業者を指導するようにとされるものです。つまり、監督官庁である自治体が、あなたの会社を指導監督する際の基準となるものですので、参考のために知っておく方が良いでしょう。