前回は、創業融資として自治体の制度融資について書きましたが、他にも創業者が借りやすい融資として、日本政策金融公庫の融資制度があります。

日本政策金融公庫は、国が100%その株式を保有している政府系の金融機関で、国の政策に基づいて中小企業向けのさまざまな支援サービスを行っています。

公庫の融資制度には以下のようなメリットがあります。

1.開業資金の借り入れが可能
国の政策を受けて公庫は新規創業を支援しているので、過去の実績がなくても融資を受けることが可能です。

2.無担保・無保証制度がある
公庫の創業融資には、「新創業融資制度」のように、無担保・無保証の融資があります。この融資制度のメリットは次のようなものです。

  • 不動産担保を不要としている
  • 生計を別にする第三者の保証が不要
  • 会社代表者の保証も不要
  • 信用保証協会の保証も不要

3.民間の金融機関より金利が安い
公庫は融資の種類によって金利が決まっているので、融資が可能と判断されれば、安い金利が一律に適用されます。これに対し民間の金融機関は、会社の格付けによって金利が決まりますので、業績の悪い会社は高い金利を要求されます。

4.固定金利で借りられる
公庫の融資は固定金利ですので資金計画が立てやすく安心です。一方、民間の金融機関は変動金利です。

5.長期間の借入が可能
公庫の場合は最長20年などの借入が可能です。それに対し、民間の金融機関は、半年から7年で返済するのが一般的です。

しかし、公庫の融資もメリットばかりではありません。「新創業融資制度」の場合にはデメリットもあります。

まず、メリットの3にあげた安い金利ですが、新創業融資制度にかぎっては、金利が高めに設定されています。

また、5の返済期間ですが、最長でも7年、設備資金の場合は15年と返済期間が短くなっています。

そして、借り入れできる額が3000万円(うち運転資金は1500万円)と限られていることもデメリットといえるかもしれません。

以上のように、メリットの多い公庫の融資ですが、デメリットもありますので、よく検討してから決める必要があります。