指定建設業とは、特定建設業の中から総合的な施工技術を要する7業種を選定したもので、施工技術の確保と、それに応える技術力の充実などを促すものとして設けられたものです。

その7業種とは、土木工事業建築工事業管工事業鋼構造物工事業舗装工事業電気工事業造園工事業です。

指定建設業とされる工事業の許可業者は、営業所ごとに配置する専任の技術者および工事現場ごとに配置する監理技術者を、原則として1級の技術検定の合格者など一定の国家資格者としなければならないとなっています。