一般建設業の許可を受けようとする場合に、専任技術者を営業所ごとに置かなければいけません。

その専任技術者になれる要件のひとつに、

「許可を受けようとする建設業に係る建設工事に関して、10年以上実務の経験を有する者」というのがあります。

そして、これを証明するために許可申請では「実務経験証明書」を提出することになっていますが、これを証明するのがなかなか難しい場合があります。

特に自営でやってこられた事業者の方で多いのですが、自分が手掛けた工事名やその仕事に従事していた期間がわかる書類などが無い場合があるからです。

そうなるとあいまいな記憶に頼るしかなく、思い出せないとお手上げという場合も出てきます。ですので、請求書の控え等でも良いのですが、一番いいのはきちんと工事名や従事した期間がわかる工事台帳のようなものをつくっておく必要があります。

また、会社に雇われていた人でも、建設会社をいくつも渡り歩くと、辞めた会社に証明してもらわなければなりませんので少々やっかいです。

おまけに、同業者の証明も取らなければいけませんので、快く証明してくれる同業者がいないと困ることにもなります。

最近は、この実務経験証明書のチェックが厳しくなっていますので、普段からきちんと自分の手掛けた仕事の記録を残しておくべきだといえます。