許可申請や決算変更届の際に、必ず提出しなければならない書類に「工事経歴書」があります。

この工事経歴書は、許可を受けようとする、あるいは許可を受けている建設業に対応する工事ごとに作成することとなっています。

その際、解体工事については、以下のことに留意しなければなりません。

1.平成28年5月31日までに請け負ったものは「とび・土工・コンクリート工事」に計上する。

2.平成28年6月1日以降に請け負ったもののうち、解体工事業の許可を受けようとする、又は受けている場合は「解体工事」に計上し、それ以外は「その他工事」として扱う。

ただし、申請又は届出を行う者が経営規模等評価の申請を行う場合は、平成28年5月31日までに請け負ったものも含め、「とび・土工・コンクリート工事」及び「解体工事」それぞれの分類に応じて作成しても差し支えないことになっています。

そして、その際、解体工事業の許可を受けていない場合は、建設工事の種類欄は「その他(解体工事)」と記載することになっています。

以上のような取扱いになったのは、平成28年6月1日からあらたに「解体工事業」が追加されたためです。作成の際には思い出してくださいね。