工事経歴書(様式第2号)の記載要領については、様式上にも書かれていますし、許可行政庁かも示しているので、その他の注意点について書いておきます。ただし、これは許可申請時の場合です。

工事経歴書(様式第2号)の記載上の注意点

1.許可を受けようとする建設業に対応する建設工事の種類ごとに作成する。
2.他の建設工事と二重に計上することはできない。

(例1)建築一式工事で請け負った工事を専門工事に分割し計上することはできない。

(例2)道路の大規模な改修等に複合して行う水道本管埋設工事は、土木一式工事とみなされる場合、土木一式工事として計上する。

3.解体工事については、次のとおり計上する。
  • 平成28年5月31日までに請け負ったものは「とび・土工・コンクリート工事」に計上する。
  • 平成28年6月1日以降に請け負ったもののうち、解体工事業の許可を受けようとする又は受けている場合は「解体工事」に計上する。それ以外はその他工事として取り扱う。

ただし、申請又は届出を行う者が経営規模等評価の申請を行う者である場合は、平成28年5月31日までに請け負ったものも含め「とび・土工・コンクリート工事」および「解体工事」それぞれの分類に応じても差し支えない。

なお、その際、解体工事業の許可を受けていない場合、建設工事の種類欄は「その他(解体工事)」記載する。とガイドラインでは示されています。