建設業許可を受けて営業しようとする場合に、その営業所ごとに必ず一人の「専任の技術者」をおかなければなりません。

「専任の技術者」とは、その営業所に常勤して専らその業務に従事する者をいいます。

この専任の技術者には、当然のことながら、許可を受けようとする建設業に係る建設工事に関して一定の実務経験が求められます。

例えば、一般建設業の場合なら

① 高校の所定学科を卒業した者なら5年以上

② 大学の所定学科を卒業した者なら3年以上

③ 10年以上の実務経験を有する者(学歴・資格を問わない)

④ 有資格者など、国土交通大臣が①から③と同等以上の知識・技術・技能を有すると認めた者

となっています。

問題は、このうちの③です。ひとつの業種に10年以上の経験とは長いですよね。そこで、この要件が実は緩和されているのです。

ざっくりいうと、許可を受けようとする業種について8年を超える実務経験と、その他の業種の実務経験とを合わせて12年以上あれば、営業所の選任技術者となる資格を有することができるのです。

ただし、この要件緩和の取扱いについてはきちんと確認しておく必要があるので、わからなかったら当事務所にご相談ください。