建設業許可の有効期間は5年です。許可通知を見ていただけばわかると思いますが、建設業許可の有効期間は、許可のあった日から5年目の許可があった日に対応する日の前日までです。

許可を更新して引き続き営業する場合には、許可の満了する日の30日前までに更新の手続きをしなければなりません。もし、更新の手続きを取らないで許可の期間が過ぎてしまったら、あらためて新規の許可申請をしなければならなくなります。

あらためて新規申請をするとなると、一般建設業の場合は、更新時に不要である財産的基礎又は金銭的信用の要件を満たしていることを証明する必要が出てきます。もし、それが証明できないとなると許可を取り直すこともできなくなりますので大変です。ですので、更新は忘れずにしましょう。

また更新の際に気をつけなければいけないのは、毎年提出しなければならない決算変更届を出していない場合です。

更新時にまとめて提出しても、更新申請を受け付けてもらえなかったり、始末書だけではすまず許可官庁の指導が入ったりしますので、くれぐれも毎年、決算終了後4か月以内に決算変更届は提出するようにしましょう。