ペット事業(動物取扱業)を営むには、事業所の所在地を管轄する自治体(県や市)に事前に登録又は届出しなければいけません。登録又は届出をしないで営業すると罰せられます。

動物取扱業には、第一種と第二種とがあります。第一種の場合が登録で、第二種の場合は届出となります。

第一種と第二種の違い、登録・届出については、鳥取県のコチラのホームページを読んでください。

動物取扱業について

注意しなければいけないのは、ペットシッターや出張訓練士などのフリーランスで仕事をしている人も第一種の対象となりますので登録が必要です。

また、ボランティアで動物愛護の活動をされている団体等については第二種の届出が必要となります。

罰せられたら大変ですので、まだ未登録、無届けの方は今すぐ手続きをしましょう。

登録申請、届出について当事務所に依頼される方は、ご連絡ください。