融資を受ける際に「創業計画書」がなぜ必要なのかを前の記事で少しお話ししました。

銀行が融資する際に一番に参考にするのが決算書ですが、起業して間もない会社は決算書がないので、その代わりに「創業計画書」を主要な判断材料にするのだということでした。

金融機関が融資をする際に一番気にするのが、「貸した金が戻ってくるのかどうか」です。これは当然のことですよね。

そこで創業計画書から、あなたの事業にはどの程度の資金が必要で、その収益性や将来性から融資したお金が回収できるかどうかを判断するのです。つまり創業計画書は、あなたの会社を評価するものさしなのです。

以上が金融機関の立場からみた創業計画書の必要性です。しかし、創業計画書を作成する意味はほかにもあります。それは次のようなことです。

  • 自分の事業に対するビジョンや計画が明確になり、客観視できる。
  • 社内外に伝えるメッセージに利用できる。
  • 事業に行き詰ったときなどに見直すことで新たに取り組む糧になる。

これ以外にも、人によってさまざまな利点があると思います。

逆にいえば、創業計画書がきちんとまとめられないということは、自分の事業に対する考え方があいまいだということです。当然のことながら、あいまいな考えのままでは事業はおそらく成功しないでしょう。

要するに、創業計画書は、あなたの事業を成功させるためのひとつの手段として作成するのです。