これから起業、創業される方が一番心配なのは、資金の問題でしょう。いかにして資金を調達するかも、経営者の重要な才覚のひとつといえます。

評価できる担保や有力な保証人がある人は、銀行からプロパー融資を受けることが可能かもしれませんが、無い人にはまず融資してくれることはありません。

ではどうすればいいのかというと、やはりおすすめなのは、日本政策金融公庫の「新創業融資制度」や自治体が行っている「制度融資」の利用です。

日本政策金融公庫の創業融資で代表的なものは、「新創業融資制度」と「新規開業資金」です。このふたつの融資の違いは色々あり比べてみていただきたいのですが、

大きな違いは、「新創業融資制度」は無担保、無保証で借りられますが、「新規開業資金」の方は、担保や保証人が必要だということです。ですので、担保や保証人がない人が利用できるのは、「新創業融資制度」ということになります。

また、都道府県や市区町村など自治体が、都道府県の信用保証協会や銀行と三者で組んで行っている「制度融資」も無担保、無保証です。

ですので、これから起業する人で、担保や保証人がいない方は、資金調達の方法としてまず、日本政策金融公庫の「新創業融資制度」と起業する都道府県、市区町村の「制度融資」を検討してみてください。

新創業融資制度はコチラ

鳥取県の制度融資はコチラ