銀行が融資をする際に、一番問題にするのが「きちんと返済してくれるか」です。そのため、融資の審査で重要なポイントとなるのが、融資を返済するための財源です。

銀行は、短期融資の場合は返済財源として「売上入金額」を見ます。

一方、長期融資の場合は、損益の(税引後経常利益(当期純利益)+減価償却費)の金額が返済金額上回っているかどうかを見ます。要するに手元に残る現金が返済額を上回っているかどうかを見るのです。

そのため、融資の際に提出する事業計画書の中の損益計画の項目では、返済金額を上回る手元現金が確保できている必要がありますし、資金繰り表を提出する場合は、借入金の返済ができる資金繰りになっていなければなりません。

もし、そうなっていなければ、銀行はあなたの会社に融資するのはリスクがあると判断します。

ですので、現実とかけはなれた事業計画書を書くのはよろしくないですが、損益計画を書く際には、注意しなければなりません。