創業融資には、日本政策金融公庫の融資のほかにも制度融資というのがあります。

制度融資では、各地方自治体と金融機関、信用保証協会の三者が協力しあって中小企業者に融資します。制度融資には以下のようなメリットがあります。

制度融資のメリット

☑金利が低い

制度融資は日本政策金融公庫の融資にくらべ一般的に金利が低く設定されています。

☑優遇措置がある

自治体によっては、利子補給や信用保証料の補助をしてくれるところがあります。利子補給を受けると金利が1%をきることもあります。公庫の金利が2%台であることを考えるとこれは大変有利といえます。

☑元本据置の猶予期間がある

元本据置期間中は、月々の支払いは金利の分のみでよく、元本を返済する必要がありません。これは、起業したばかで資金繰りが不安定な企業にとっては大きなメリットといえます。

以上が制度融資の主なメリットですが、一方、制度融資には次のようなデメリットがあります。

制度融資のデメリット

☑融資限度額が少ない

日本政策金融公庫融資と比較すると融資限度額が少ないです。公庫の融資限度額が自己資金の9倍までであるのに対して、制度融資の場合は、一般的に自己資金と同額までしか借りられません。

☑公庫に比べて対応が厳しい

制度融資は、地方自治体から委託を受けた民間の金融機関が融資を実行します。地方自治体から委託を受けているとはいえ、民間の金融機関は公庫より対応が厳しいです。これは、公庫が中小企業を支援するという国の政策を実行する金融機関であるからです。

☑信用保証協会の審査に時間がかかる

制度融資では、金融機関のほかに保証人である信用保証協会の審査も受けなければなりません。そのため公庫に比べて審査に時間がかかります。

保証協会の混み具合にもよりますが、平均すると早くても1か月、遅ければ2か月以上かかる場合があります。それに比べ、公庫なら申し込んで早ければ1週間から3週間で融資が実行されます。ですので、制度融資の場合は早めに申し込んでおくことが必要といえます。