あなたが会社の経営者か、もしくはこれから起業されるのなら、何か解決しなければならない課題や問題が生じた時に、専門家に頼むことがあると思います。

例えば、税金のことなら税理士、給与計算や社会保険と労働保険のことなら社会保険労務士、登記のことなら司法書士、トラブルなら弁護士等々。

しかし、経営全般のこととなると誰に頼みますか?中小企業診断士?それとも税理士?はたまた経営コンサルタント?

どれも正解です。しかし、実際そうしていますか?

あなたがもし相談されていないとすると、その理由はこうではないでしょうか?

▲中小企業診断士の存在は知ってはいるが馴染みがないし、それに本当にうちの問題を解決してくれるのか?

▲うちの税理士の先生は、税金の申告はしてくれるけど、経営のことはアドバイスしてくれないしなあ・・・。

▲経営コンサルタント?この街に経営コンサルタントなんて居るのか?そもそもコンサルタントなんて怪しいし、大企業ならともかくうちみたいな小さい会社にコンサルタントなんて必要ないしなあ・・・。

などのような感想を持っておられるのではないでしょうか。

もちろん真面目に相談にのってくれて、アドバイスしてくれる先生もいるかもしれません。

しかし、もしあなたの身近に適当な相談相手がいなくてお困りでしたら、一度行政書士に相談してみてください。

行政書士本来の業務は、許可をとることです。しかし、許可を取る手続きの過程で、また許可を取った後も、更新や各種の届出などで、会社とお付き合いをしていくことになります。そうなると必然的に許可のことだけでなく、経営上の相談にのる場面がでてきます。

経営上の課題や問題について相談を受け、解決策を提案しアドバイスすることは、まさにコンサルタントの仕事です。行政書士は、その意味で”コンサルタント”なのです。あらためて”コンサルタント”と名乗るまでもなく、実はあたりまえにコンサルティングをしているのです。

行政書士法で、行政書士が依頼者の相談に応じて、相談料をいただけるようになっているのも、行政書士がコンサルタントであることの証です。しかも国家資格に裏付けられたコンサルタントです。

しかし、残念ながら行政書士自身がそのことをあまり認識していません。許可を取るよう依頼されて許可を取ったらそれで終わり、ということが多いのです。このことは、行政書士にも責任があります。

一方、経営者の方にしても、許可さえ取ってくれればそれでいい、後はうちでやるからという方も多いことは確かです。必要な時だけ行政書士を利用すればいいとお考えの方もいらっしゃると思います。ビジネスですから、そういうドライな考え方もふつうでしょう。

しかし、経営者であるあなたが、仮に何か問題を抱えていて誰に相談したらいいかわからないと悩んでおられたり、もしくは忙しくて自分でゆっくり考えている暇がないということでしたら、行政書士がいることを思い出してください。行政書士は、肩の凝らない身近な存在です。

このホームページにも書いているように、当事務所では許可を取るだけでなく、中小企業や個人事業主の方のお役に立てるよう様々な支援を行っていきます。

また、他の専門家が必要とあれば、当事務所の提携する士業者と連携して解決しますし、ダイレクトにご紹介もします。

当事務所の場合、原則として相談料はいただいておりません。どうぞ安心してご相談ください。

よろしくお願いいたします。