アクションプランとは何かというと、「誰に、いつまでに、何を、どのように実施するかの行動計画」のことをいいます。

アクションプラン作成の目的は、売上計画をより実現可能なものとするためです。

アクションプランを作成するのは、開業準備のとき、開業後の事業立ち上げのときです。開業準備として実施すべき手続きや作業と、開業後に実施すべき手続きや作業を箇条書きにして、それを時系列で並べて整理してみると、アクションプランが出来上がります。

このアクションプランをまとめる過程で、マーケティングコストの算出、人件費の詳細把握、設備投資額の詳細確定など、損益計画や資金計画策定のための考え方がより整理されますので、ぜひ作成してみてください。

アクションプランは、まず創業者自身に考えていただきますが、当事務所も事業計画作成の際に支援を行いますので、ご相談ください。