事業計画を作成する際に大切なポイントのひとつが「実現可能性」です。いくら計画だといっても、”絵に描いた餅”ではいけないということです。やはり実現の可能性があることを金融機関等対外的に充分にアピールできなければなりません。

この実現可能性については、新規にビジネスを立ち上げる場合と既存のビジネスを独立して行う場合とでは、事業計画において表現する場合、若干ポイントの置き方が違ってきます。例えば、新規に事業を立ち上げる場合には、市場分析と自社の立ち位置が非常に重要となります。

しかし、いずれの場合でも共通しているのが以下の点ですので、これらを押さえた事業計画を作成すればよいでしょう。

  • より綿密な市場分析を実施する
  • 事業エリア(地域)における潜在顧客規模の把握する
  • 競合他社に対する明確な差別化戦略(価格、サービス内容、品質など)があるかどうか
  • 事業化に向けた具体的なアクションプランがあるかどうか