新年度が始まりましたね。そして、新たな元号も発表されました。

「令和」

ところで、「令」と聞くと、行政書士という職業柄、「政令」とか「省令」「府令」という言葉が浮かんできます。

一般の方になじみのない言葉ですが、これらは行政機関の発する「命令」です。

「政令」は内閣が発する命令

「省令」は各省の大臣が発する命令

「府令」は内閣総理大臣の発する命令(ただし内閣府の長官として)

です。

これらの命令に基づいて法律とそれにもとづく制度が施行されているのです。

許認可についてももちろんそうです。

これらの命令は、制度の改正などがあったとき必要に応じて出されますので

私ども行政書士はちゃんと把握しておかなければなりません。

 

そういうわけで、「令」というと、行政書士である私は、

どうしても「命令」という言葉をイメージしてしまうのです。

あなたはいかがでしょうか?